資産運用・投資

投資信託で積み立て投資!ドルコスト平均法で買おう!

前回の記事で初心者が投資をするならば、

投資信託がオススメという話をしました。

今日はその投資信託をどのようにいつ買えばいいのかを

お伝えします。

 

相場を読むのは不可能

投資信託の中身は株の詰め合わせであったりするわけなので、

当然株価が上がったり下がったりします。

 

投資が怖いという方はこの株価が上下するのが不安だということなのだと思います。

できれば安く買いたい。でもそのタイミングがわからない。

 

こちらは日経平均の一部を切り取ったものですが、

これを買うとして一番困るのは

赤の矢印のタイミングで買ってしまった時ですよね?

 

逆に黒の矢印で買えれば最高なわけですが、

素人がこれを読むのは無理です!

 

プロでも間違うことがあるくらいですからどれだけ考えても

無理だと思ってください。

 

それじゃやっぱり投資怖いじゃないか!

と思うかもしれませんが、

このリスクを抑える方法があります。

 

それがドルコスト平均法で買うということです。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法で買う

どういうことかというと、

毎月決まった額だけコツコツ買い続けることです。

積み立て投資をするということですね!

 

例えば100万持っていたとして、一気に100万円分買うと

上で話した通り、赤の矢印のところで買ってしまう可能性があるわけです。

そうするとどんどん株価が下がって損をしてしまう。

これを避けたいわけなので、

100万円を一気に投資するのではなくて毎月分割して買っていきます。

 

例えば毎月3万円分を買うと決めて毎月積み立てていく。

それを例えば30年など長期で行うと

株価が高い時には少なく買って

株価が高い時には多く買える。

長期投資をすることで取得価格を平均化することができるのです!

 

この買い方であれば買うタイミングを気にすることは無くなりますよね?

ですので投資は資産形成を始めたいと思ったタイミングで始めるのが吉です!

 

初心者がやるべきなのは積み立て投資

前回の記事で利回りの話もしました。

 

実際積み立て投資でどのくらいお金が増えるのか見ていきましょう!

例えば毎月3万円を30年間、利回り5%で運用できた場合。

 

楽天かんたんシュミレーション

便利なのでご自分でも試算して見てください。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

 

元本が

30000円×12ヶ月×30年=10,080,000円

24,967,759−10,80,000=14,167,759円

 

元本の倍以上になっていますね!

これが積み立て投資で長期運用した時の複利の力です!

 

ただし、

通常運用で増えた14,167,759円には約20%の税金がかかります。

ですので2,833,551円は税金として納めなくてはいけないということになります。

 

結構大きいですよね。

 

そこで登場するのが積み立てNISAです。

この税制優遇制度を使って有利に投資をしましょう!

 

次回は積み立てNISAについてお話します。

 

 

今回の記事の内容の動画もアップしています

-資産運用・投資
-, , , ,

Copyright© 20代30代のための今さら聞けない お金と保険の話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.